地金型金貨について

純粋に投資目的で金貨を購入する場合は、地金型金貨の購入がおすすめです。地金型金貨は金の価格に製造費が上乗せされた金額で取引されるため、希少価値としてのプレミアムがつかない分、金の相場のみを考慮した売買が可能です。また多くの地金型金貨は発行元の政府が金貨の品質を保証しています。安全に取引ができる事も、金貨投資のメリットです。

地金型金貨そして金貨にはそれぞれ特有のデザインがあります。これは地金型金貨でも同じです。毎年デザインを変えて販売される金貨もありますから、定期的に購入する事でコレクション性も高くなります。これは金地金にはない魅力です。また同じデザインでも重量の違う金貨が作られているため、予算に合わせた投資が可能です。大きさは主に1/10オンス、1/4オンス、1/2オンス、1オンスと種類があります。金貨なら相場によりますが、1オンスでも十数万~二十万程度で購入が可能です。

金貨は贈り物にも最適です。集めた金貨を子供や孫へ贈れば、ただの資産ではなく心にも残る贈り物となります。次の世代へ残す目的で金貨投資をするなら、毎年デザインを変えて発行される金貨もありますから、検討してもいいでしょう。

金貨は小さい物ですから、自宅でも問題なく保管できます。傷がつかないよう配慮する必要はありますが、最近は保護用のケースに入って販売されている金貨もあります。

記念硬貨について

投資目的で金貨を購入する場合は、それぞれの金貨につくプレミアムを考慮する必要があります。金貨自体の値段は購入時の金の相場に依存しますが、プレミアムは相場による変動がありません。例えば日本の記念金貨の場合、種類によっては1万円の金貨が10万円で取引される場合もあります。そしてプレミアム分は時間の経過で更に上がる可能性もあります。

お金記念硬貨記念硬貨は国家的行事を記念して発売されますから、今後も発売される可能性はあります。その時に硬貨を購入し、プレミアムがつくのを待って売る事もできます。但しプレミアムは必ずつくわけではなく、現在取引されている過去の記念硬貨にも、プレミアムがついていない物はあります。またプレミアムがつくのは年数が経ってからの事が多く、短期間で利益を出したい場合にはおすすめできない投資法と言えます。

しかし記念硬貨はお金として使える物ですから、額面より価格が下がる事はありません。万一プレミアムがつかなくても、銀行で両替が可能です。手数料もかかりませんから、額面通りで購入した記念硬貨なら、利益は出ませんが損をする事もありません。これが金地金での投資と違う所です。金貨投資を始めたいがリスクを背負いたくない方、気長に価格が上がるまで待てる方にはおすすめの投資法です。

金貨投資の種類

投資として金貨を購入する場合は、どう利益に結び付けるかを考える必要があります。金貨は金の値段に製造費が上乗せされて取引されますが、種類によっては更にプレミアムがつきます。アンティークコインと呼ばれる金貨はプレミアム含めて高値で売却できますが、当然買取価格も高くなります。予算の少ないうちは手を出さない方が無難でしょう。

金貨金貨金貨にはコレクション用の記念硬貨と投資用の地金型金貨があります。記念硬貨は種類によっては高いプレミアムがつく事もありますが、逆に全くプレミアムがつかず額面通りの価値しかつかない事もあります。地金型金貨は金の相場によって変動しますから、金が安い時に購入し高い時に売れば利益を出す事ができます。

本の金貨だけではなく、海外の金貨を購入する事も可能です。但し海外発行の金貨を購入する場合は発行国の情勢や品質に対する保証を確認する必要があります。稀なケースですが、発行国の情勢が悪化した事により他国が貿易自粛、金貨の価値が暴落した事例もあります。海外の金貨を購入する場合は経済や政治が安定しているかも確認しましょう。

金貨投資のメリットは、少額から始められる事とコレクションする楽しみが味わえる事です。地金型金貨は同じ種類でも幾つかの重さがあり、予算に合わせて購入できます。デザイン性も優れた物が多く、一つ一つ揃えていく楽しみは他の投資にはないものです。次のページでは、記念硬貨と地金型金貨について説明します。